支店長弁護士インタビュー

平塚支店長 神奈川県弁護士会稲垣 孝宣弁護士

泉総合法律事務所 平塚支店長、稲垣孝宣(いながきたかのり)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

明るく、落ち着いた雰囲気の事務所です

――― まずは、平塚支店についてお聞かせください。平塚支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりや、道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

平塚市は海と山に挟まれているため自然が多く、サーフィンが日常的に楽しむことができるところです。 また、「囲碁のまち」としての特色もアピールしており、JR平塚駅の駅前商店街では「湘南ひらつか囲碁まつり 1000面打ち大会」などのイベントも多数開催されています。

当事務所は、平塚駅の北口から東のほうに徒歩3分ほど進んだところにあります。 こじんまりとはしていますが、ビルに大きな看板が出ているので、遠目からでも非常にわかりやすいと思います。近くにコインパーキングも多数ございますので、お車でもお越しいただくことも可能です。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

エレベーターに乗車して3階で降りると、右手側に泉総合法律事務所のドアがあります。 ドアを開けるとすぐに相談室です。

相談室には日が差し込む大きな窓と、アロマ(ディフューザー)を設置してあります。 明るい雰囲気のもと、リラックスして弁護士とお話しいただけます。 相談室は1つだけですので、人目を気にする必要もありません。

 

――― 稲垣先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。レスポンスを早めるために心がけていることや、フットワークの軽さ、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために心がけていることなどをご紹介ください。

依頼者の不安な状態を少しでも和らぐために、レスポンスを早くするようにしています。

基本的に、依頼者からお電話があった場合、なるべくその日のうちに私か担当事務から折り返すこととしています。
どうしても、当日中に対応することが難しいときもありますが、そのときは翌日に必ず対応することを心がけています。

 

「稲垣先生」ではなく「稲垣さん」と呼ばれることも

――― 法律相談で依頼者と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みなどをご紹介ください。

辛い思いをして、緊張しながらもご相談に来られる方が多いと思います。
そのような方々に対しては、少し大げさかもしれませんが、笑みがこぼれるくらいリラックスした状態で安心してもらえるような相談が理想と考えております。

相談中は、難しい法律用語を使わないことと、ご相談者様の話す声やトーンを合わせて安心してお話ができるように工夫しています。
そうした工夫が影響してか、よく「先生って、弁護士っぽくないですね」と言われます。
それが適切かどうかは分かりませんが、ご相談者様に親しみを感じてもらった結果と考えております。

呼び名に関しても、「稲垣先生」と呼ばれることも多いのですが、私の場合「稲垣さん」と呼ばれることも少なくありません。
私自身、呼び名はどちらでも構いませんので、話やすい呼び名で話かけてください。

事件解決においては、たとえ同じ結果となるにしても、プロセスにもこだわっています。
「知らないうちに結果が出ていました」というのではなく、結果が出る過程の安心感にもこだわっていきたいのです。

 

――― 事件解決に取り組むときに、先生のモチベーションになっているものをご紹介ください。

どうも私は「親分気質」というか、自分を頼って来られる方を無下にできないというところがあります。
そのような方には、現状よりも良い状況を迎えられるように尽力しております。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

先日、夫に内緒の借金についてご相談に来られた女性がいました。

結果、夫にバレることなく任意整理で月額返済金額を大幅に減らすことができましたが、その方から、「もっと早くに相談しておけばよかった」と語られたことが非常に印象に残っております。
おそらく、ご相談に来られる1年くらい前から、夫にバレないか不安な思いをしながら返済に追われ、かなり辛い日々だったのだと思います。
その方は、収入も一定程度おありでしたので、任意整理で解決できました。
もしそうでなければ、破産や再生といった法的手続でなければ解決が困難で、その場合、夫にも打ち明けなければならなかったと思います。

弁護士に相談することのハードルはまだまだ高いのかもしれません。
弁護士に相談せずに解決できるのであれば、その方が良いのかもしれません。
しかし、厳しいな辛いなと少しでも思われましたら、我慢を続けないで、ご相談だけでもお越しいただければと思います。
適切なアドバイスがもらえて、楽になるかもしれません。

 

――― 最後に、お聞きします。稲垣先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

基本的に、ご依頼者様がご納得いただけるように尽力したいとの思いで行っております。

もっとも、それを実現するにあたり、法的にできることと、できないことがあります。
できないことを望まれても難しいのですが、なんとかそれに代わる方法や次善の策等を考えて、ご納得いただけるよう努めていきたいと考えております。

 

――― インタビューは以上です。稲垣先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-424-202 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-424-202
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ